こんにちは。

今日は海外ドラマから、セリフではなくて動作を説明する表現を紹介しようと思います。

ネットで海外ドラマのスクリプトを検索すると、セリフだけが載っているサイトだけではなく、状況説明も載っているものがあります。

今回は「~をゴクゴク飲む、がぶがぶ飲む」という表現をいくつかの海外ドラマの場面から紹介します。

「take a swig of ~」

意味:~をゴクゴク飲む、がぶがぶ飲む

1つ目は「フレンズ」からです。モニカは高校時代に憧れていたレイチェルの元カレ、チップからデートに誘われます。レイチェルにお伺いをたて、OKをもらったモニカは意気揚々と出かけていったものの、話題は終始高校時代の友達のことばかり。

Monica: Look, not that I enjoy talking about people who I went to high school with, ‘cause I do, but umm, maybe we could talk about something else? Like you, I don’t even know where you work?(高校の同級生の話がつまらないわけじゃないんだけど、何か別の話をしない?たとえば、まだあなたがどこで働いているかも聞いてないわよね?)

Chip: You know where I work!(君は俺がどこで働いてるか知ってるじゃん)

Monica: I do?(私が?)

Chip: The movie theatre, you used to come in all the time.(映画館だよ、君、しょっちゅう来ていたじゃないか)

Monica: You still work at the multiplex?(まだシネコンで働いてるの?)

Chip: Oh, like I’d give up that job! Free popcorn and candy, anytime I want. I can get you free posters for your room.(やめるわけないだろ!いつでも無料のポップコーンやキャンディーを食べられるんだぜ。部屋に貼るポスターを無料であげようか)

Monica: Thanks, I’m set. Do you still live with your parents?(ありがと、結構よ。今でも両親と住んでるの?)

Chip: Oh yeah, but I can stay out as late as I want.(ああ、そうだけど、門限はないから遅くなれるよ)
(Monica takes a big swig of her martini.)(モニカはマティーニを一気にゴクゴクと飲み干す)

憧れの人が高校時代のまま、若々しいだけならいいですが、頭の中までまだ高校生のままじゃ、100年の恋も冷めますね(笑)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

次も「フレンズ」からです。エマが生まれてから子育てにかかりっきりだったレイチェルが息抜きできるようにと、ロスはレイチェルにフィービーと二人でのお出かけを提案。するとフィービーが、この機会に自分の彼氏マイクと過ごしてはどうかとロスに提案し、マイクがロスの家にやってきました。共通の話題がないため初めから気まずい感じです。

Ross: So, welcome!(よく来てくれたね)

Mike: I’ve got beer(ビールを持ってきたよ)

Ross: I’ve got bottled breast milk.(僕は哺乳瓶に入れた母乳があるよ*レイチェルがエマを置いていったため

Mike: Ahhh. Why don’t we start with the beer?(あ~とりあえず、ビールからにしようか?)

Ross: Okay(了解)

[Mike puts beer on the table and takes his coat off. Ross and Mike sit on the sofa]マイクはテーブルにビールを置いてコートを脱ぐ。ロスがマイクにソファに座るよう促す

Ross: So, Phoebe tells me you, er, play the piano?(フィービーから聞いたけど、ピアノ弾くんだって?)

Mike: Yeah?(うん?)

Ross: You, you know? I used to play the keyboards in college.(僕も大学の時キーボードをやってたよ)

Mike: Yah, do you have one here?(ほんと、ここにある?)

Ross: No..(いや…)

[Ross swigs his beer] ロスはビールを一気に飲む

Mike: Okay [nervous laugh]そうなんだ(気まずそうな笑い)

[‘Clink’ each other’s bottle of Foster’s together. Each take a swig]フォスタービールのボトルで乾杯する。それぞれゴクゴク飲む

Mike: Ahhh.

[Long, awkward silence] 長い気まずい沈黙が続く

Ross: Erm, you know, I’m divorced. Er, Phoebe said you’ve been divorced.(えーと、僕は離婚したんだ。あの、フィービーが君も離婚したと言ってたから)

Mike: Yeah. I’m sorry. I don’t really like to talk about it.(ああ、悪いけど、そのことについて話したくないんだ)

Ross: [Lost for words 言葉を失う] Yeah, er… that’s okay. We’ll talk about something else.(あ~そっか、わかった。じゃ何かほかのことを話そう)

[They take another swig of beer again] 二人ともビールをゴクゴク飲む

Mike: So, you’re a palaeontologist, right? (君は古生物学者なんだって?)

Ross: Yeah.(うん)

Mike: My cousin’s a palaeontologist.(僕の従弟も古生物学者なんだ)

Ross: Ah!(そうなんだ!)
[Silence. Take another swig of beer]沈黙。またもそれぞれビールを飲む 

 

飲んでる間は話さなくていいので、気まずい二人がゴクゴクとビールを飲むさまがぎこちなくて面白いシーンです。