今回のフレーズは「get past ~」です。

意味:~を克服する、気にしなくなる

 

最初の使用例は「デスパレートな妻たち」からです。アンドリューは、自分の父親を殺したジョージが自殺したことで行き場のない怒りと悲しみを抱えていました。

それに対して、ブリーが「もし自殺じゃないとしたら気が済むのか」と尋ねるシーンです。

ANDREW: He committed suicide. His death was on his terms. That’s not justice.

BREE: So, are you saying if he were executed, that it would be easier for you to get past this?

ジョージはブリーの気を引きたくて薬を飲んだだけで、ブリーに止めてもらうつもりだったのに、夫を殺したジョージを許すことができなかったブリーは見殺しにしてしまいます。

ブリーはその事実を自分の胸だけにそれを秘めていましたが、アンドリューの態度を見てついに打ち明けてしまいます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

次の使用例は「フレンズ」からです。フィービーがレイチェルのために持ってきた出産シーンが入ったビデオテープを、モニカがバレンタインのプレゼントに用意したアダルトビデオだと勘違いしたチャンドラーが見てしまいました。

あまりの生々しい映像に自分がどれだけの衝撃を受けたかモニカに説明しています。モニカも同様にショックを受けていますが、せっかくのバレンタインデーなので、なんとか忘れてなかったことにしようと提案します。

CHANDLER: You know, it haunts me? Up ‘til now, the worst thing I ever saw, was my father doing tequila shots off the naked houseboy. After this, I would gladly make that my screensaver!

MONICA: Okay, well, we have to get past this! Why don’t we get rid of the tape and pretend it never existed?

それにしても、そもそもバレンタインデーにポルノをプレゼントする妻も、それを楽しみにしている夫もおかしいですね(笑)そこがすでにギャグ。