今日のフレーズは「be overrated」です。

意味:過大評価されている、言われているほど良いものではない

1つ目の使用例は、大好きなシットコム「フレンズ」からロスのセリフです。

情熱のない人生を送るのは寂しいと考えているレイチェルに対して、レイチェルのことが好きでなんとか友達から恋人に昇格したいと思っているロスは「情熱なんてそんなにいいものじゃないよ」という感じのことを言っています。

RACHEL: I mean, do you think there are people who go through life never having that kind of…

ROSS: Probably. But you know, I’ll tell you something. Passion is way overrated.

こんなこと言っていますが、ロスはめちゃくちゃロマンチストで、レイチェルとカップルになった後なんか、めちゃくちゃラブラブでしたね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2つ目の使用例は、「デスパレートな妻たち」からブリーのセリフです。初めてベビーシッターを雇って不安がいっぱいのリネットに「隠しカメラを設置したらどうか」というブリー。

それに対して「そんなことをしたら信頼を裏切ることになる」とリネットが言うと、ブリーは「信頼なんてそれほど重要なものじゃないわ」と冷めた声で答えます。

LYNETTE: I don’t really think I could videotape Claire. It would be a breach of trust.

BREE: Trust is overrated.

このころのブリーは夫レックスの浮気を知り、信頼を裏切られたばかりなので、信頼なんてするものじゃないという気分だったのでしょうね。