こんにちは。

私、Law & Order 性犯罪特捜班が大好きなんですが、Huluではシーズン18~21しか提供されていないし、

他のストリーミングサービスでは取り扱ってさえいない。。。

どうしても観たいのでシーズン1~17までDVDを買いました。

そんなわけで張り切って見始め、も~オリビアがめっちゃ好きで暇さえあれば見続け、今はシーズン5に突入。

ここまでくる間に何度か「LUDs」という言葉が出てきて、う~んなんだろう 🙄 と思いながらも

アメリカのアマゾンから買ったDVDなので日本語字幕がないし、別に流れを理解する妨げになるわけではないし、まぁいいか、

と放置していたのですが、今日は時間があったので調べてみました。今日はこのLUDsを紹介します。

 

LUDs = Local Usage Detailsの略 

通話記録明細のことで、警察が捜査の一環としてしばしば通信会社に提供を求めるもの。

さて、これまで蓄積してきた海外ドラマスクリプトにも気づかないだけであったのかな、と検索をかけてみるとありました!

今日は2つの使用例を紹介しますね。

 

まずは、「キャッスル」のベケットのセリフです。

Beckett:[電話に向かって] Esposito. No, run LUDs on his phone, see if he talked to anyone other than his wife. [電話を切って] They found the wallet. Money and credit cards were gone.(エスポジート、ううん、彼の携帯の通話記録を調べて、妻以外の誰かと話したかどうか確認して。[電話を切って]財布を見つけたって。お金とカードは盗まれてる)

 

次は「NCIS」からケイトのセリフです。

Kate: I ran the LUDs on Staff Sergeant Grimm’s phone.  The day before he was killed, he placed seven calls to Abe’s Pawn Ship.  None of them lasting more than a minute. (グリム 二等軍曹の携帯電話の通話記録を調べたわ。そしたら、殺される前日に エイブ質店に7回も電話してた。どれも1分に満たない短い通話。)

 

いずれの例も動詞はrunなので、run + LUDsで覚えておくといいですね 😆