こんばんは。今回のタイトルのフレーズWhat are you doing up?を直訳すると「起きて何をしているの?」になりますが、結局のところ、「なんで起きてるの?」という意味です。すごくよく出てくるフレーズなので紹介することにしました。

 

実はこれまで、このフレーズがそんなによく使われているということに気づいていませんでした。最近、これまで蓄積してきた海外ドラマのセリフを整理整頓して、横断検索できるようにしたので、その機能を使いたくて今日何気にこのWhat are you doing up?を検索したところ、私がまとめた海外ドラマ61作品のうちの11作品で、22件のヒットがありました。

61作品と言ってもすべてのエピソードのセリフを持っているわけではないので、このヒット率はかなり高いと思います。ということはかなり良く使われているフレーズということですね。

 

今回もいくつか使用例を紹介します。

まずは「Law & Order Special Victims Unit」からステイブラーとその娘の会話です。(*日本語訳はいつものごとく参考用の意訳です)

 

Elliot Stabler: What are you doing up? (なんで起きているの?)

Maureen Stabler: I couldn’t sleep.(寝れないの)

Elliot Stabler: Did you have a nightmare? (怖い夢でも見た?)

Maureen Stabler: You have to sleep to have nightmares.(寝なきゃ怖い夢も見れないでしょ)

Elliot Stabler: Of course, what was I thinking?(そりゃそうだな)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

次は「モダンファミリー」からマニーとジェイの会話です。

マニーが大事にしていた亀をうっかり死なせてしまったジェイは、マニーにアライグマのせいだと嘘をつきました。その夜の会話です。

 

Jay : What are you doing up?(起きて何をしているんだ?)

Manny : Waiting.(待ってる)

Jay: Waiting for what?(何を待っているんだ?)

Manny: The truth. It wasn’t a raccoon, was it?(真実を。ほんとはアライグマのせいじゃないんでしょ?)

Jay : Oh, all right, you got me. I killed Shel. All right? I’m sorry.  It was an accident.(わかった、認めるよ。そうだ俺がShelを殺したんだ。悪かった。事故だったんだよ)