隠し事をせず、心の中にあることすべてを相手に打ち明けることを、日本語では「腹を割って話す」などと言いますよね。

日本語は「に一物持つ」、「をさぐる」など、「」がつく表現が多いですよね。「本心」というものが物理的に存在するとしたら「」の中にあるようなイメージな気がします。

 

今日のフレーズは「heart to heart」です。

意味:腹を割って、本心で、率直な、心の交流

 

最初の例は「ゴシップガール」からです。突然姿を消し寄宿学校に入っていたセリーナがこれまた突然戻ってきました。親友のブレアは裏切られた気分でいたためすぐにはセリーナを受け入れられません。ホテルのバーで待ち合わせた2人は本心を打ち明けあい仲直りしました。これは仲直り直後のシーンです。

Blair: I have to meet Nate. I kind of have something special and…(ネイトと約束があるの。特別な予定で…)

Serena: Well, I don’t want to keep you but…(引き留めたくないけど…)

[Serena hugs Blair] セリーナがブレアをハグする

Serena: I love you, B.(大好きよ、B)

Blair: I love you too, S.(私もよ、S)

[Blair leaves] ブレアが立ち去る

Gossip Girl: Spotted. At The Palace Hotel, S and B having a heart to heart. (発見。パレスホテルにて。SとBが(本心を話して)心を通わせてる様子)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

次は「デスパレートな妻たち」からです。

益々ひどくなるアンドリューの態度に我慢できなくなったブリーは、アンドリューを更生施設に入れようと夫のレックスに相談します。ですが、アンドリューが反抗的な態度をとるのはブリーに対してだけなので、レックスは反対しています。

Bree: It’s easy for you, isn’t it? You’re not the one he’s openly rude to. You’re not the one he challenges every day. You’re not the one he hates.(あなたにとっては簡単なことよね?彼はあなたに対しては公然と無礼な態度をとったりしないもの。毎日大変な思いをしているのはあなたじゃない。彼が嫌っているのはあなたじゃないんだもの)

Rex: I’ll talk to him, all right? I’ll sit him down for a little old-fashioned heart to heart.(僕が話すよ、いいだろ?彼と昔ながらの心の交流とやらをしてみるよ)

Bree: You talk to him all you want. I’m gonna check out the place with the electrified fence.(あなたが彼と話すのは勝手だけど、私は電気フェンスのある施設を調べてみるわ)