月額5,950円でレッスンが24時間受け放題! 1週間無料キャンペーンを実施中!

パラフレージング

まとまった長さの音声聴いて理解し、自分の語彙と表現力を用いて、口頭で再現する訓練法です。

リテンションと似ていますが、丸暗記ではなく、自分の語彙と表現力で、というところが重要です。簡単にいえば、「言い換え」の練習です。

1つの文から、何通りもの言い方ができるように練習します。音声だけでなく、原稿を使っても練習できますが、音声を使用すれば、リスニング力、理解力、情報処理能力、記憶力、語彙、表現力など多くの能力を強化させるのに役立つ訓練法です。

難しい文章を使う必要はないので、簡単なものから、練習をはじめてみましょう。このページでは例文を挙げて説明しています。一緒にやってみましょう。


<用意するもの>

  • 母語または外国語のセンテンス
  • ICレコーダーなど自分の声を録音できるもの

パラ・フレージングとは、まとまった長さの音声を聴いたり、原稿を読んだりして理解して、自分の語彙と表現力を用いて、口頭で再現する訓練法です。丸暗記ではなく、自分の語彙と表現力で、というところが重要です。音声の場合は、リスニング力、理解力、情報処理能力、記憶力、語彙、表現力など多くの能力を強化させるのに役立つ訓練法です。


<パラフレージングにお勧めの素材>

 ~無料の素材~

理解できるレベルのものであれば何を使ってもいいです。ニュースや、スピーチ、エッセイなど何でも利用できます。

BBC 

みなさん御存じのBBCです。英語学習者に嬉しいページがたくさんあります。トップページの「Word in News」をクリックすると、単語や音声、スクリプトなどが無料でダウンロードできます。

CNN

みなさん御存じのCNNです。いろんな話題があるので、自分が聴いて理解できる程度のものを選びましょう。

通訳自主トレ支援サイトから提供

私が適当に集めたものを参考程度にいくつか載せました。よかったらご自由にお使いください。こちらは音声ではなくてセンテンス集になっています。1文読むごとに別の言い回しで言い変えてみてください。PDFになっているので印刷しても使用できます。

優良の素材では、特にパラ・フレージングにお勧めのものは思い浮かびませんでした。でも結構なんでも使えます。簡単なセンテンスでも、言い換えてみろと言われるとなかなか浮かばないもので、1つは普通に浮かんでも3つも4つも言い換えるとなると結構大変です。

 

<やってみよう!>

 ★練習方法★

ここでは、私の用意した簡単なセンテンスで例を紹介します。

◎ICレコーダーまたは、「保音」で録音して後で確認しましょう。
◎言葉だけをとらえず全体の意味を考えてみましょう。
◎録音した場合は、後から再生して間違いがないか確認します。

1)I’ll bet you could do with a cup of coffee. 
(from a novel called ‘the Doomsday Conspiracy’)

 参考例はこちら

2) My wife is depressed and nothing I do is ever good enough for her, what can I do?
(from a blog written by an American guy)

 参考例はこちら

★お得な情報★

MP3プレーヤーは持っているけど、ICレコーダーは持っていない、という方が結構いらっしゃると思いますが、通訳の訓練をする上で、自分の声を聞くのはとても大切です。

練習をしている時、自分ではちゃんと言えているつもりになっていても、実際に録音して後から聞いてみると、発音が不明瞭だったり、正確に言えていなかったりするものです。スマホの録音機能を使って録音してみましょう。


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る