月額5,950円でレッスンが24時間受け放題! 1週間無料キャンペーンを実施中!

ノート・テイキング

ノートテイキングにルールはないと言われています。自分のやりやすいやり方が一番いいと言われますが、なかなか「やりやすい」方法を自分で編み出すのは至難の業だと思います。

ここでは私が昔通っていた通訳学校で習ったノートテイキングの基本を紹介します。色んなやり方があると思いますので、あくまで参考にどうぞ。

まず、ノートは縦にめくるタイプのものを使うように言われました。速記用のノートが丁度いいそうです。

 

1)     紙の真ん中に縦に線を引きます。

こんな感じです。

notetaking1

2)     左上から縦にノートテイキングをしていきます。頭を少しずつ右にずらしていきます。センテンス、または話のまとまりで横線を引いて区切ります。

こんな感じです。でも人によっては、横線の代わりにスラッシュ(/)でセンテンスを区切って、訳出する時に横線で区切る場合もあるそうです。

また、真ん中に線を引くと紙が何枚にも分かれて訳しにくくなるから、と縦線を2本引いて、3分割して使う人もいるそうです。ですので、あくまでも参考まで・・・。

ちなみに私はA4用紙に線を2本引いて、3つに分割してメモを取ります。そうすると私の場合、横にダラダラ書くのを防止できるようです。

notetaking2

3)訳出したものを縦線またはXで消します。どこまで訳出したかわからなくなるのを防ぐためだそうです。私は斜めの斜線で消しています。

こんな感じです。

notetaking3

<記号について>

これも「こうだ!」という決まったルールはないそうです。先生曰く、ひとの記号を覚えると忘れるものだし、忘れるとそのことで焦ってしまって集中力をなくすので、自分なりの記号を作る方がいいとのことです。

「そう言われても、なかなかできない!」という話がクラスで出た時に、1人ずつ前に出て、ホワイトボードに自分の使っている略語や記号を書く(描く?)ように言われたことがありました。

その中で現在自分が使っているもの、今後、使ってみようと思ったものをいくつかシェアしたいと思います。基本的には何が正しい、間違っている、ということはないので、自分が覚えやすく、書きやすいものを使うのが一番です。また、業界によっても略語の意味が変わってくるので、臨機応変さも必要だと思います。

 

<略語や記号の例>

私は日常的に同時通訳が多く、ノートテイキングをして逐次通訳をする機会が圧倒的に少ないため、実をいうと、実務ではあまりノートテイキングを経験できる機会がないのです。

ノートテイキング(メモ取り)はやらなければ慣れない、うまくならない、といいますので(もちろん他のスキルもそうですが)家でテレビを見るときなどにやってみようと思うのですが、ついつい忘れてしまうので、このサイトで何か練習素材のようなものを紹介して、一緒に練習できるようにしたいなぁと思っています。

参考までに通訳学校でクラスメートが共有してくれた記号を紹介します。
examples

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る