月額5,950円でレッスンが24時間受け放題! 1週間無料キャンペーンを実施中!

通訳者の心得

通訳者に必要な能力

<通訳訓練の前提となる基礎的な能力>

・一般常識(新聞やテレビを含む他人の話をよく理解できるか)
・幅広い知識(常に様々な分野の書籍や雑誌に目を通しているか)
・学習能力(あるテーマについて自分で資料を収集したり調査することができるか)インターネット検索のテクニックも重要。
・体力はあるか(通訳業務をまる一日行なっても耐えられるか)
・精神力はあるか(未知の分野に挑戦する、できなくても落ち込んだりしない)
・人間関係を円滑に保てるか(身だしなみは?言葉遣いは?気配りは?)
・演説の能力(聴衆を魅了するパフォーマンス・筋道の通った論旨展開)
・相手国に対する理解(歴史・政治・経済・民俗・発想法・生活習慣・タブー)

<通訳者に必要な能力とは・・>
〇理解する力

・私見を排して発言をありのままに素直に受け取っているか(思いこみを避け忠実に理解)
・発言の単語にとらわれず意味をしっかりととらえているか(ビジュアルな理解も含めて理解)
・論理分析を行い、情報を重要さに応じて整理しているか(話の意図を確実にとらえる)
・各パラグラフの関係を把握できるか(逆接・順接・例示・反問などによる談話の組み立て)〇蓄える力
・一時的に記憶することができるか(談話の組立を含めて記憶に留める)
・通訳ノートは発言内容の再現に有効か、ノートすることにとらわれて通訳の質を落としていないか
・発言を聞きおわった時に、発言の内容を完全に消化して自分のものにしているか

〇発表する力~特に同時通訳の場合に注意する事項 ~

・文として完結しているか(言いかけた文を終えないと聞き手に理解しにくいばかりか、はぐらかされたように感じる)
・文の途中で沈黙していないか(沈黙は聞き手に不安感を抱かせる)
・意味のない言葉の重複をしていないか(えー、あーなどの冗語の連発は耳障り)
・通訳以外の雑音がはいっていないか(ペンをノックする音、ページをめくる音。パートナーへのサポートはメモでおこなう。)

〇聴いて理解する能力=INPUT

・INPUT=音声の記号化・記号の思想化
・音声を言葉として認識する力(音を語として認識できる力。ボキャブラリーの豊かさがポイント)
・言葉を意味として認識する力(語義、語法、語用、文脈、知識からの総合的理解を指す
・まとまった内容の構成を分析する力

〇話して伝える能力=OUTPUT

・音韻関連の表現力(発音、発声、滑舌、声の質、速度、高低、大きさ)
・非言語表現力(ボディランゲージ、アイコンタクト)
・言語表現力(語彙力、文法力、構成力)

〇音声表現力の注意点

・か細い、または乱暴な発声をしていないか(信頼性、好感度の問題)
・声の高さが一定に保たれ、極端な高音または低音になっていないか(聞き易さ)
・発音・アクセント・イントネーションは正確か(聞き手にストレスのない日本語)
・話し方の速度は適当か(理解を阻害しない適切な情報密度)
・適当な間をおいた話し方をしているか(訳出の完成度を高める)

〇言語表現力

・語彙の豊かさ(同じ内容で何通りにも言い換えることができる)
・言葉使用域(ことばのレベルに対する敏感さ)
・その場にふさわしい語彙を選択
・文法力(文章を組み立てる力、文章を破綻させない力)
・論理的に話す力(筋道の通ったわかりやすい論旨展開)

〇通訳者のための日本語訓練

・発声・発音基礎訓練(腹式呼吸と発声)
・発音練習(母音の無声化、ガ行鼻濁音)
・アクセントとイントネーション(滑舌練習)
・分析的に聞き論理的に話す練習
・母語による談話再現練習
・非論理的な談話の再構成練習

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る