こんにちは。

刑務所や犯罪者がテーマの海外ドラマでは、英語でPrison lingoやPrison slangと言われる刑務所経験者特有の俗語がよく出てきます。

流れで推測できるものも多いですが、推測できないものに出会った場合、大概は普通の辞書には載っていないので、Urban Dictionaryやインターネット上のPrison Slang Dictionaryを見たり、それでもわからない時はネイティブの友人に聞いたりしています。今回は、Prison Breakに出てきた言い回しを調べてみました。

まずは、場面の説明から。。。

フォックスリバー刑務所に収監されたばかりのマイケルに、同室のスクレが刑務所内のことを説明しながら歩いていると「wholesale=卸し屋」と呼ぶ男性に出くわします。そこでスクレは、Wholesaleにマイケルのことを尋ねられこう答えます。

Sucre: He’s my new cellie. (To Mike) Wholesale’s got it wired up at commissary. Anything you want, he can get it for you.(新しく俺と同室になったやつさ。(マイケルに向かって)Wholesaleは売店にコネがあるんだ。欲しいものがあったらなんでも手配してくれるぞ)

すると、Wholesaleがこう言います。

Wholesale: You keep handing out my jacket, I swear I’m gonna bust your grape.

ここで、私はこの「keep handing out my jacket」を聞いて

????となったわけです。

直訳すると「俺のジャケットを配り続ける」ですよね。はっきり言って意味不明です。

そこで検索して、見つけました。

刑務所の俗語でjacketとは、受刑者の情報すべてが載ったファイルのことを指すそうです。

日本語でも、カタカナの「ジャケット」ってファイルフォルダや本の表紙を指す意味で使われますよね。それと同じで、ここでは、「俺のこと(情報)をペラペラ人に話してると」と言う意味だったんですね。 

これに続く、「I’m gonna bust your grape」のgrapeは「頭」という意味のスラングなので、直訳すると「頭をぶっ潰すぞ」ですが、「俺のことをペラペラ人に話してると、ぶっ殺すぞ」くらいの意味なのでしょう。

物騒な内容で、自分が使うことはこの先一生ないとは思うものの、聞いてすぐに理解できるフレーズが増えるのは楽しいものです 😉